Loading...

(Just one moment)

起業家なら知っておくべきマーケティング

前回のポスティングに続きSEOを勉強していて知ったバックリンクという概念について調べてみようと思います。



マーケッターの方々は、ある程度 こういう内容を知っていらっしゃると思いますが

正直物だけ企画して作った人たちは

マーケティング用語を接しにくいです。



特に経営学部やマーケティング関連部署で働かない以上、なおさらです。



前回、SEOは起業家の方からマーケティングを始めた時になぜ良いのかを調べてみましたが、

バックリンクもSEOには欠かせない 過程の一つだそうです。

バックリンクをGoogleで検索してみると、

ウェブリソースの場合、ウェブリソースを指す他の一部のウェブサイトからのリンクといいます。

これはどういう意味か

あるウェブサイトが他のウェブサイトに言及して、そのサイトに繋げてくれるそうです。*



例えば

あるキーワードを検索したところ上位が露出していたサイトコンテンツに他のウェブサイトが露出し、その露出したサイトにまた入るようにするということです。



僕のウェブサイトの認知度が低いので

どんな認知度の高いカフェに私たちの掲示板を一つ作って、そこに私たちのサービスのコンテンツを持続的に上げた事がありました。



その時、もちろんキーワードがサービスの名前でなければならなかったので、それほど多くのクリック数は起きなかったのですが、

そのサイトから私たちのサイトに 来るように誘導することが出来ました。

起業家または小商工人内のブランドの認知度がほぼゼロに収束する場合、

検索して露出されることは ほとんどありません。

ゼロに近いです。

それで

上位圏にあるサイト内で私たちのウェブサイトにリンクを与えれば、自然とブランドが露出され、認知度アップにつながる可能性があります。



全然知らなかったサービスだったのに

カカオで買収して知ったサービス めちゃくちゃ多いじゃないですか。 そういう感じだと思ってください。



バックリンクを多く確保する場合、ネットワーク強化とトラフィックが上昇することがあります。



インスタ上でインフルエンサーにリンクを張って、フォロワーがリンクを越えて入るようにしますよね。たくさん撒いたから、トラフィック上昇とネットワーク強化になることは言わなくても分かりますよね?



しかも、1クリック当たり課金方式の広告であるCPCのようなキーワード検索結果ではなく、検索エンジン結果であるオーガニックサーチのランキングが上昇し、検索エンジン順位に肯定的な影響を及ぼすといいます。

バックリンク構築で最も重要なことは、

ユーザに有用な情報を提供するコンテンツを作ることが第一だといいます。

自分のサイトを他のサイトにいくらかばらまく。 寒々

クリックして入ってきたユーザーが自分のサイトコンテンツサービスがあまり意味がないと思います。



素材が何であれ、テキストだけでなくイメージや映像を活用して、백링크 情報伝達のメッセージを豊かにし、コキュールのコンテンツを構成する事が重要だといいます。



ウェブサイトやビジネス、コンテンツに似たテーマについて話すページのバックリンクが404エラーのバックリンクであれば、リンク交換を要請するのもひとつの方法だといいます。



たまにゲストライティング(客員執筆)を受けるウェブサイトもありますが、このウェブサイトを通してそちらに文章を掲載し、こちらのウェブサイトに来るバックリンクを挿入することもできます

답글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다