Loading...

(Just one moment)

もちろん正確度を高めるために不足な部分は再復習をしています。

●就職難と不安定な職場のためか

最近の若者の間で就職選好度を

調べてみると、一般私企業よりも公企業や

公務員の採用をすることが多くなりました。



若い二十代だけでなく私企業に通う

退社後、公務員や公企業の方へ

準備している方もたまにいました。

職場に就職した先輩たちの話を聞くと

就職できなくて大変な場合もあるけど

決まった時に給料が出なかったり、ウォラベルは

おろか夜勤に一日一日が疲れた

日常の繰り返しで、またこうして一生懸命

働いたところでいつ退職させられるかわからない

懐疑感もよく抱くと話しました。


こういう話をよく聞いていると、

大企業や中堅企業を準備するなら、

むしろ公企業や公務員の準備をして

安定した職場に就職することが

治ると判断をするようになりました。

それで大学卒業の時期にあらかじめ

公企業と公務員について調べてみました。



公務員と公企業は似ているように見えるが、

違う点があったんですけど、 여우알바 最も大きな違いは

年俸の差ではないかと思います。

公務員は、どの区役所、市役所に行っても

級によって基本給与が変わって

皆さんもご存知のように月給が少ない方です。

しかし、公企業は公団、財団、公社によって

年俸の差が大きく、特に工事系列は

大企業に劣らない年俸を受けることができます。



なので似ているけど、年俸が

[社説]公企業の準備をしたほうがよりよいだろうと

思い、公企業の準備を始めました。

同じ公企業の間でも必要とされる

資格と試験手続きが少しずつ違います。

私が目標としている工事系列はncsが

必須なので自己紹介書と資格証、面接

準備と同時に、ncsの準備も一緒にしました。



公企業のncsに慣れてない方々も いると思いますが

私も今度就職準備をしながら

あれこれ情報を探してみました。

これは国家職務能力標準として

産業現場で仕事を遂行するために

必要な能力、技術、姿勢等を

国家が体系化して作った試験なんだけど、

簡単に言うと、企業が望む人材像を

選ぶために作ったと思ってください。



コミュニケーション能力、修理能力、問題解決能力、

自己開発能力、職業倫理、技術能力など

様々なことを把握できる問題で

構成されており、書類選考で

確認できない個人的な部分を

総合的に評価するようになり、むしろ

私にとって良い機会になりました。

まず、私はソウル交通公社、韓国鉄道公社、

水資源公社を目標に勉強をしました。



まず加算点を取得するのに必要な

韓国史検定能力試験、コンピューター活用能力

1級を並行しながら公企業のNcsを準備しましたが、

資格証の勉強は情報も多いし

様々な塾やオンライン講義が

多くて準備するのがずっと容易でした。



しかし、ncsは各企業ごとに望む

人材像があって正解のない試験なので

一人で独学で準備するには限界が

あるという考えと共に不足を感じて

助けになるようなインターネット講義を

エデュウィルを探していました。

僕が望む企業3社の国家職務

能力標準試験のインガンがあるだけでなく、

各公企業のオーダーメード型講義を通じて、

合格に最適化されていてよかったです。



また、国家職務能力標準試験以外にも

オーダーメイド型自己紹介書、面接講義など

単なる試験の準備ではなく合格の準備で

構成されており、私のように公企業の準備が

初めての受験生には必ず必要な

講義と言えたものですから

躊躇せず、すぐに受講申請をして

すぐに、公企業ncsの勉強に突入しました。


最初は資格証の勉強とは違って

興味深い部分も多かったし、僕が望む

企業の話を聞き取ることができて

退屈ではなかったんですが、私が一ヵ所だけ

準備するのではなく、いろいろな所を

目標にしていると、分からなくなったり

時間をたくさん取られるようになりました。



ncsの準備も大事ですが、書類合格を

ためには資格証や自訴書のような

部分も重要であるため、並行して

準備しなければならないので、大変でもありました」



このまま勉強すると二兎を

捕まえようとしていて、 すべて逃すかもしれないという

考え、自分なりに体系的に計画して

勉強の方法を変えることにしました。





資格証の時間を除いた1日の残り

時間のほとんどを公企業のncsの準備に

投資し、1時間ほどユン·チャンソプ教授の

自訴書、面接講義を通してどれ一つ

逃さず時々準備することにしました。



私は、キム·チャンジン先生のncs講義を聞いたのですが、

初心者を配慮した授業方式が良かったです。

問題を解くとき、類型把握、正解類推および

導出まで体系的にアプローチする方法を

教えてくださって先生の教育方式通りに

ゆっくり学んで行くうちに問題を見ても

いつも途方にくれて苦戦していた僕が

だんだん簡単に解いて行くことができました。



現在は最新のトレンドに合わせて

理論を反復的に学習しながら

基本に忠実に進度しており、

新しいタイプの問題が出てもあわてるよ

せず把握した上で速やかに解決していくことが

重要なので、このような状況をあらかじめ

防止するため、新しいタイプを解いて

慣れる練習もしていってます。

私は 3ヶ所を目標にして勉強するのに

各企業ごとの違いを確実に

考える必要があって。

迷わないように曜日ごとに分けて

各企業別に勉強をしています。



月、火は水資源公社

水·木は韓国電力公社

金、土 ソウル交通公社

このように区分してです。



そして日曜日には企業別にノートに

重要な特徴と戦略方法をもう一度

整理して、自分が難しい部分を

復習をして送っています。

僕は個人的に数理の領域が難しかったんですが

昔から数学という数字にとらわれずに数学とは縁を切って

生きてきたので基礎もない状態でした。



なので他の受験生たちに比べて

大学修学能力試験(日本のセンター試験に該当)が厳しくなったが、公企業のncs

数学競試大会のように深まった過程ではなく、

基本を求めることがほとんどでした。

なので諦めずに、教授の講義を

聞きながら一つずつ学んでいます。



数学は普通理解より公式暗記が

重要で問題が要求するタイプと

公式を把握するのがキーポイントです。

なので、そういう部分を攻略するために

数理領域ノートを別に作成し、既出問題に

出たり、教授が重要だって。

話す公式を別に書きました。

そして休み時間やご飯を食べる時間に

暇さえあれば確認をしています。



現在、ほとんどの講義は3回毒以上ずつ

聞いて整理する段階なので、復習と

問題を解くのに集中しています。

オンライン講義が提供する最新オンライン

模擬試験で時間に合わせて

早く解く練習をしています。

もちろん、正確度を高めるために足りない

部分は再復習をしています。



●まだ公企業の採用公告が出ておらず

時間的に余裕があるんですが、今まで

勉強したように怠惰にならずに

いつも初めての気持ちで集中して

必ず望む工事に就職したいです。

답글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다