Loading...

(Just one moment)

「アルバイトをする就活生の教育費、控除してもらえるのか」

スペックを積むために塾に通ったり、問題集を買って勉強しながら生活費を稼ぐためにアルバイトもしているんだ。 もちろん塾代が高いので毎月資金難を経験するけどこれが全部未来の自分のための投資だと思って頑張って通っている!



ところで塾代も教育費として年末調整をしてもらえるという話を聞いたけど、それなら私も控除してもらえるのかな?

●アルバイトの就活生も年末調整できるのか?

バイトも所得だから、私も年末調整できるんじゃないかな。 年末調整をしようと思ったら一旦私が稼いだお金がどう分類されるのか確認してみなければならない。



年末調整は原則として勤労所得を対象にするため、事業所得やその他の所得などは年末調整から除外される。 もし、3.3%の税金を差し引いて給与を受け取る方式なら、事業所得に分類される場合が多いため、年末調整対象者でない可能性が高い。



それなら、勤労所得なら無条件年末精算をするだろうか。 고소득알바 勤労所得の中でも「一般勤労所得」なのか「日雇い勤労所得」なのかを確認してみなければならない。

日雇い労働所得を受ける日雇い労働者について、さらに詳しく調べると、①建設工事に従事する者、②荷役作業に従事する者、③又は②以外の業務に従事する者で、労働契約により同一雇用主に3か月以上継続して雇用されていない者と規定された人である。



日雇い労働者に支給する給与は源泉徴収することで納税義務が終結するので、年末調整及び総合所得税申告対象に該当しない。



しかし、日雇い労働でも3カ月以上続けて同じ雇用主に雇用されていたら? 3カ月の属する月から一般勤労所得に認定され、年末調整ができるんだよね。

「アルバイトをする就活生の教育費、控除してもらえるのか」


アルバイトでも一般勤労所得の労働者なら年末調整ができ、教育費の税額控除が受けられる。



教育費税額控除を説明すると、労働者が本人または年齢制限を受けない基本控除対象者のために支出した教育費に対する税額控除のことを言う。 「教育費の15%に当たる金額を総合所得算出税額から控除するが、簡単に説明すれば使った教育費の分だけ税金を安くしてくれるという話!」(やったー!)



本人のために使った教育費は全額税額控除ができるよ。 でも、勉強に使ったお金だからといって、全部教育費というわけじゃないよ。



労働者本人のために支給した教育費のうち、全額控除が可能な項目は△大学と大学院授業料(夜間大学院含む)、△職業能力開発訓練施設(韓国ポリテク大学、大韓商工会議所など)受講料、△時間制登録課程(単位銀行など)、△学資金貸付元利金償還金額(但し償還延滞による追加支給額を除く)などだ。



そのため残念だが、語学学校や私設の塾などに使われた教育費は控除の対象に含まれなかった。 しかし、教育費税額控除項目に該当する費用なら? 年末調整簡素化サービスで該当資料(教育納入証明書)をダウンロードした後、会社に提出する。

就活のため勉強だけに専念している大学生だって?



まだ大学生だからバイトの代わりに勉強だけ頑張れば君の教育費は勤労者の両親が控除してもらえるよ!! 教育費税額控除は基本控除対象者の年齢制限を受けないからだ。 両親があなたの大学の学費を年900万ウォンまで控除してもらえるの。 ちょっと待って!大学院生は控除対象じゃないよ。

就活に年末調整までいつも大変な若者達! たとえ就活は手伝えないけど年末調整とか税金に関する内容ならいつでも手伝ってあげるからわからないことがあったらブログを探してね!

답글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다